桜降る代に決闘を(Sakura Arms)

・所要時間:20分
・今回の人数:2人(俺 vs ゆづ ゆづ vs ヨタくん)

ゲーム概要

大人気のデッキ構築&対戦型カードゲーム!
様々なキャラクターから使用するキャラクター(メガミ)を選択し、相手プレイヤーと対戦しよう。

created by Rinker
¥3,850 (2024/07/24 08:26:43時点 楽天市場調べ-詳細)
  • 各プレイヤーは自分の選んだキャラクターの「通常カード7枚×2」から7枚、「切札カード4枚×2」から3枚、合計10枚のカードを選んだら、通常カード7枚をシャッフルして自分専用の山札にする。
    切札カード3枚は分けておく。
  • 中央ボードの間合いスペースに花びらトークンを10枚並べ、各プレイヤーのライフスペースとオーラスペースにも所定の数の桜トークンを並べたらゲームスタート。
  • 手番では、「集中力カウンター」を1つ上げ(Min0、Max2)、自分専用山札からカードを2枚引く。
    その後、「標準行動×2回」か「手札から全力カード1枚をプレイする」のどちらかを実施。
    標準行動は、「集中力を1つ減らすか手札を1枚捨て基本動作を行う」か「通常カードをプレイする」の2種類。
    基本動作には、前進・後退・纏い・宿しの4種類があり、全て桜トークンを移動させることで表現する。
    前身は「間合い → オーラ」、後退は「オーラ → 間合い」、纏いは「ダスト → オーラ」、宿しは「オーラ → フレア」へ、桜トークンがを移動させる。
    間合いは攻撃が当たる距離を表し、オーラは敵の攻撃を受けるバリヤー的役割、フレアは切札カードを使うための特殊能力ゲージ。
    ダストは桜トークンの捨て場のこと。
  • 標準行動2回か、全力カード1枚プレイ、のいずれかを行ったら手札を2枚になるまで捨てて手番終了。
    相手の手番へ。
  • 手番を繰り返し、相手のライフを先に0にした方が勝ち。



感想

●ゆづ(9歳の娘)
カードの組み合わせが上手くいくと、たくさんダメージを与えられるのが楽しい!
トンカチの子が強くて好き。
デッキがなくなるとライフを2つ捨てないといけないのが難しいね。

●ヨタくん(5歳の娘)
カードを出して攻撃するのが楽しかった!

●自分
キャラクターごとのカードを把握し、上手くコンボさせるトレーディングカード的ゲーム。
1ゲームで使うカード枚数が10枚だけなので、カード効果を把握しやすくてGOOD。
中央ボード上の桜トークンの循環でライフや間合いなどカードをプレイする上で重要な要素を全て表現しているところにシステムの美しさを感じます。

妻はアニメチックな絵のゲームに拒否反応を起こすため購入後数回で遊べなくなってしまってましたが、娘の成長に伴い久しぶりに登場させたところ、娘が非常にはまってくれました。
娘の対戦がかなり熱く、盛り上がります。
公式大会が開かれたり拡張が出続けていることも納得の、完成度の高い対戦カードゲームです。



総合評価

  • 総合評価:8
  • 独創性:9
  • わかりやすさ:8
  • システム洗練度:9
  • 間延び感の低さ(起伏):7
  • リプレイ性:9
  • コンポーネントの魅力:7
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):7
  • テーマ再現性:8
  • 戦術の幅:8
  • ドキドキわくわく感:6
  • 手番ごとの成長感:7
  • 攻撃性の低さ:5
  • 9歳児と本気で遊べる度:9
  • 5歳児も楽しそう度:4
  • 備考:負けそうな場面で切札カードを発動させて逆転勝利すると超快感です。

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント