うんちしたのだあれ? (Who Did It?)

・所要時間:20分
・今回の人数:6人(俺、妻、なおくん、はっちゃん、しんちゃん、えりちゃん)

ゲーム概要

ハムスターやウサギ、オウムなど、全員が同じペット6匹を飼っています。
ある日部屋に発見された不始末なうんこ。
誰のどのペットが犯人か見つけよう!

created by Rinker
ブルーオレンジ
¥1,870 (2024/02/21 03:48:34時点 Amazon調べ-詳細)

<目的>

  • 自分のペットが犯人ではないことを主張するために、カードをプレイした人が宣言した種類のペットのカードを、他プレイヤーより早く場に出す。
  • 先に6匹全てのペットカードを出し切ろう!

<手番でやること>

  • スタートプレイヤーは好きなペットカードを1枚場に出し、6種類のうち1種類のペットを宣言。
    他プレイヤーは、そのペットが手札にあれば、場に出す。
  • 1番早く出せた人のペットのみ出せて、出した人がまた次のペットの名前を宣言する。
  • これを繰り返し、手札がなくなった人は抜けられる。
    最後まで残ってしまった人が1人負け。
  • なお、他プレイヤーの誰の手札にも残っていないペットの種類を宣言してしまった人は、無条件で負けが確定するので注意。
    どの種類のペットカードがみんなの残っているか、何となく記憶しておくことも重要。



感想

2019年当時
●妻
みんなが早すぎてびっくりした。
覚えておくのも大変だし、早く出さないといけないのも難しいので、子供とは本気で遊べないゲームだね。
大人同士の真剣勝負だとすごいことになるね。

●自分
ふんわりした絵柄と、子供向けタイトルだと思っていたら、いざ大人同士で勝負した時の熱中感がやばかったです。

ペットの種類を宣言した1秒後にはみんなが場に出している。
コンマの世界での厳しい争いが待っていました。

加えて、誰が何を出したのか覚えていないと、最後の方で何のペットを宣言したらいいかわからず適当に宣言し、一人負けするパターンも続出。
こりゃ難しいゲームだ!

娘が友達と子供同士でも遊んでいた感じだと、ちゃんと勝負になっていて、楽しそうでした。

記憶と反射神経という、大人になると弱まるところをフルに使うゲームなので、真剣にやると疲れちゃいますね。

ゲームシステムはよくできているので、熱いスピード勝負が好きな人は楽しめると思います。



総合評価

  • 総合評価:6
  • 独創性:6
  • わかりやすさ:6
  • システム洗練度:5
  • 間延び感の低さ(起伏):5
  • リプレイ性:4
  • コンポーネントの魅力:5
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):5
  • テーマ再現性:5
  • 戦術の幅:5
  • ドキドキわくわく感:5
  • 手番ごとの成長感:5
  • 攻撃性の低さ:5

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント