ズーロレットダイス(Zooloretto Wurfelspiel)

・所要時間:30分 
・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要

ドイツ年間ゲーム大賞受賞の「ズーロレット」のお手軽ダイス版!
素敵な動物園を作るタイル配置ゲーム。

created by Rinker
¥2,750 (2024/06/24 19:57:40時点 楽天市場調べ-詳細)
  • 各プレイヤーは動物園シートを持つ。
    シートには動物ごとの檻が5つあり、ワニは1匹。
    ダチョウは2羽、さるは3匹、ゾウは4頭、ライオンは5頭と、入れる数が決まっている。
    ゲームが進むにつれ、動物の書かれたダイスをもらってきて、シート上のその動物の檻(□)に☑マークをつけていく。
    既定の数を越えてしまったら、シートのマイナス点の場所に☑。
  • 中央にはプレイヤーの人数分のトラックを用意。
    各トラックは、3つまで動物(サイコロ)を乗せることができる。
  • 手番では、ダイスを2個振って出た目のままトラックに乗せる。
    もしくは、中央の動物を乗せたトラックいずれかをもらう。
    全員がトラックをもらったらラウンド終了。
    全プレイヤー、自分の動物園シートに☑を入れる。
  • みんなからダイスを回収し、新しいラウンドをスタート。
  • ラウンド終了時に、「空きマスのがある檻が一種類だけ」になったプレイヤーがいたらゲーム終了。
  • 動物の檻の☑の数と、溢れた場所の☑のマイナス点を合計し、最も点数の高い人が勝ち。



感想

2019年当時
●妻 
気軽で面白い。
このくらい軽いならいつでもできるね。
ちょっと暇な時とかいいかも。

●ヨタくん(3歳の息子)
このゲーム、ヨタ君好きなんだ~!
※部屋のどこに置いておいても勝手に発見して、このゲームやろー!って持ってきます。

●自分
シャハト氏の名作、コロレット、ズーロレットとほぼ同様のルール。
これらをさらにシンプルにしたゲーム性。子供でも気軽にできるし、大人も真剣に遊べる良いバランス。

基本的には色んな動物を集めたいけど、集め過ぎるとマイナスになるジレンマ。
このルールはやっぱり面白いね!

シンプルなルールと短いプレイ時間で、誰でも気軽に楽しめる好ゲーム。
さはいえ、ルールがシンプル過ぎて飽きが来るので評価は普通で。
さすがにここまで削ると淡泊すぎかな。



総合評価

  • 総合評価:6 
  • 独創性:4
  • わかりやすさ:7
  • システム洗練度:7
  • 間延び感の低さ(起伏):5
  • リプレイ性:4
  • コンポーネントの魅力:5
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):7
  • テーマ再現性:5
  • 戦術の幅:3
  • ドキドキわくわく感:5
  • 手番ごとの成長感:6
  • 攻撃性の低さ:6
  • 7歳児と本気で遊べる度:9
  • 3歳児も楽しそう度:7
  • 動物のサイコロが可愛い度:8
  • 可愛いふりしてジレンマを与える悪女感:9

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント