キャンバス(canvas)

・所要時間:45分
・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要   

3つの絵画を完成させて、得点の高さを競うゲーム。

created by Rinker
Engames
¥5,500 (2024/06/24 12:42:39時点 Amazon調べ-詳細)
  • 各プレイヤーはカードスリーブに背景カードを入れた「絵画セット」を3つ保有してゲームスタート。
  • 手番では、「中央に並ぶカードを1枚手札に加える」か「手札から3枚のカードを絵画セットのスリーヴに重ねて入れて得点化する」のどちらかを実施。
  • 手札上限は5枚なので、手札が5枚の時は得点化アクションしかできない。
  • 中央ボードには毎ゲームランダムに4枚の得点条件カードが登場。
    得点化する絵画セットの下部に見えるアイコンの色や種類を確認し、得点条件カードの条件を達成していたらカードと同色の得点チップをもらっていく。
  • 全員が3枚の絵画セットを得点化したらゲーム終了。
    手元の得点チップを色ごとに数えて、同色の得点条件カードに従い得点。合計点が最も高い人が勝ち。



感 想

●妻
シンプルでいいね!
コンポーネントも綺麗だし。
オーソドックス過ぎてちょっと物足りないけど。

●ゆづ(9歳の娘)
凄い楽しかった!!
シンプルでわかりやすくて好き。

●ヨタくん(5歳の息子)
絵が綺麗で楽しかった!
リボンもらえて嬉しい☆

●自分
テーマもコンポーネントも素敵です。
全ての目標カードを達成するのはかなり難しいので、ある程度絞って揃えていくところにジレンマがあります。

カードを場からとる制限もちょうど良い厳しさ。
我が家では、終了時に全員の完成した絵をシャッフルして、自分以外の絵で最も気に入った絵を指差して、最多の人にボーナス点が入るルールにしてます☆

素敵な絵にする、というプラスの要素が入るので、結構盛り上がりますよ。
プレイ時間が短いことから、平日夜に軽くプレイできる良い作品です。



総 合 評 価

  • 総合評価:6
  • 独創性:6
  • わかりやすさ:8
  • システム洗練度:7
  • 間延び感の低さ(起伏):5
  • リプレイ性:6
  • コンポーネントの魅力:9
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度)7
  • テーマ再現性:7
  • 戦術の幅:5
  • ドキドキわくわく感:5
  • 手番ごとの成長感:6
  • 攻撃性の低さ:7
  • 9歳児と本気で遊べる度:9
  • 5歳児も楽しそう度:9
  • 備考:完成した絵をプレゼンし合うと更に楽しいです。
created by Rinker
Engames
¥5,500 (2024/06/24 12:42:39時点 Amazon調べ-詳細)

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント