サイクル(Psycle)

・所要時間:20分
・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要

シンプルな心理戦ゲーム!
他プレイヤーよりも強いカードを出して勝利点を入手しよう。

created by Rinker
タクティカルゲームズ(TACTICAL GAMES)
¥598 (2024/04/19 01:40:24時点 Amazon調べ-詳細)
  • 5ラウンドで1サイクル。
    先に2サイクル勝った人が勝利する。
  • 各プレイヤーは、0~5の6枚のカードセットと宝石トークンを10個ずつ受け取る。
  • カードを出すためにはその数字分の宝石トークンを支払う必要がある。
    カードの強さは0<1<2<3<4<5だが、1のみ5に勝てる。
    1、2で勝つと勝利点3(×勝った相手の人数)、3で勝人つと勝利点2(×勝った相手の人数)、4、5で勝つと勝利点1(×勝った相手の人数)をもらえる。
  • 毎ラウンドの最初に、プレイして勝利したらボーナス点をもらえる数字と、ボーナス点の数を表すタイルを公開。
    それを確認した後、全員が手札からプレイするカードを1毎選び、同時にオープン!
    宝石トークンを支払った上で、自分以外のプレイヤーの手札の中で自分が勝てるカードが何枚あるか確認。
    「手札に応じた基本点×勝った相手の人数」の勝利点を得る。
    0のカードはどのカードにも勝てないが、その場でプレイされたカードの中で最も大きな数字分の宝石トークンをもらえる。
  • 5ラウンドを行い、それまで得た勝利点から宝石トークンの個数分マイナスし、最も勝利点の大きな人がそのサイクルで勝利。
    得点をリセットし、宝石トークンを10個ずつの初期保有数に戻し、次のサイクルへ。
  • サイクルを繰り返し、先に2つのサイクルで勝利した人が勝ち。



感想

2020年当時
●妻
心理戦カードゲーム。
面白いけど、この手のゲームは勝てないなぁ。

ゆづ(8歳の娘)
まぁまぁ面白かった。
でも何を出してよいか面白かったけど難しいなぁ。
あまりカードがとれなかったし。

●ヨタくん(4歳の息子)
まぁ面白いかな。
でもちょっと良くわかんなかった。

●自分
シンプルな心理戦を楽しめるカードゲーム。

毎ラウンド場に公開されるボーナス数字と、他プレイヤーの宝石トークン残数と性格から出すカードを予測するゲーム。
この手のゲームはブラフを口にペラペラ話しながらプレイすると盛り上がりますね。

俺は完全にこの手のゲームが得意なので楽しかったけど、子供たちはいまいちピンときてなかったなぁ。
大人同士で熱い心理戦を繰り広げると楽しいゲームですね。



総合評価

  • 総合評価:6
  • 独創性:7
  • わかりやすさ:7
  • システム洗練度:6
  • 間延び感の低さ(起伏):6
  • リプレイ性:6
  • コンポーネントの魅力:5
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):6
  • テーマ再現性:5
  • 戦術の幅:6
  • ドキドキわくわく感:7
  • 手番ごとの成長感:5
  • 攻撃性の低さ:5
  • 8歳児と本気で遊べる度:4
  • 4歳児も楽しそう度:3
  • 備考:心理戦好きな人たちで飲み会でわいわいプレイしたいゲームです

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント