パイプライン(Pipeline)

こんにちは! ヒロです!
いつもブログを読んでくださりありがとうございます。

石油がテーマのゲームって楽しいものが多いですよね。
ワイルドキャッターズ」、「原油王」などはいずれもクールかつ悩ましく楽しい快作です。

石油というテーマは本当に渋い!
油田を掘削し、石油を精製し、パイプラインを構築していく過程なんて、普通に生きてたら知ることのない内容。
これぞボードゲームによる疑似体験ですね!
リアルでシュールなテーマのゲームはそれ自体が好きです。

今回はまた1つ石油をテーマにしたゲームをご紹介します。



パイプライン(Pipeline)

created by Rinker
Capstone Games
¥13,000 (2024/02/21 00:55:15時点 Amazon調べ-詳細)

・所要時間:90分
・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要

<テーマ>

自分独自のパイプラインを造り、お金を稼いでいくゲーム。

<準備>

  • 中央ボードを配置し、パイプライン、契約タイルと注文タイルを指定の位置に配置。
  • 今回使用するアップグレードカードを選択して並べる。
  • 各色の原油ごとの精製に必要パイプの長さを選択して、該当のタイルを配置。
  • 査定タイル(終了時のボーナスタイル)を3枚選択して配置。
  • 各プレイヤーに、個人ボードと初期資金、初期タンクを配布。

<ゲームの進行>

  • ゲームは3ラウンド制。1ラウンドは8ターン、2ラウンドは6ターン、3ラウンドは4ターンで構成。
  • 各ターンでは、「メインアクション」→「機械アクション」の順で手番を行う。
  • 「メインアクション」では、手番プレイヤーはワーカー1つを、中央ボード上のアクションスペースか、政府のパイプタイルな、自分のパイプタイルのいずれかに派遣してアクションを実施するか、パスをする。
  • 中央ボード上のアクションスペースは2つのアクションが一組になっていて、一方のアクションを行った後に10金支払えばもう一方のアクションも行える。
  • アクションは下記の7種。
    • 市場でのオイルの売却・購入:
      売却では、自分のオイルの色・精製レベルに応じてお金を獲得。
      購入では、中央ボード上に残っているオイルを書かれたコスト分のお金を払って獲得し、個人ボードに配置。
    • 契約タイルの獲得 and/or 借金:
      達成するために必要なオイルの種類とレベルが書かれた契約タイルを1〜3枚獲得。
      借金した場合は、15金もらって、ペナルティマーカーを1つ受け取る。
    • タンク and/or パイプの購入:
      タンクは好きなだけ購入し、個人ボード上に配置。
      パイプは1~3つ購入でき、自分の配置済みパイプタイルに繋げるように配置。
    • 機械 and/or パイプの購入:
      機械は好きなだけ購入し、自分のパイプタイルの上に配置。
      パイプは1~3つ購入でき、自分の配置済みパイプタイルに繋げるように配置。
    • アップグレードの獲得:
      好きなアップグレードカードを2枚獲得。
    • 政府からのパイプ購入:
      パイブを1~5つ購入。
    • オイルの精製:
      自分のパイプラインにワーカーを配置し、そのタイルの3つのパイプのセグメント数に応じて、個人ボード上のその色のオイルコマのレベルを上げる。
      レベルを上げた先に10分な数のタンクがなければレベルを上げることができない。
      また、機械に繋がっているパイルラインは使えない。
  • 「機械アクション」では、15金支払うことで自分のパイプライン上の全ての機械を発動して、オイルを精製できる。
  • フリーアクションとして、手番中に保有している契約タイル、もしくは中央ボード上の注文タイルの条件を満たす数・レベルのオイルを精製できたら、それらを支払うことで指定のお金を獲得できる。
    契約タイル1つにつき、1年に1回のみ達成できる。
    また、達成しても翌年にはリセットされてまた同条件を達成しないといけない継続契約になっている。
    契約タイルは、書かれている条件を部分的に満たしてその分のお金をもらうことができるが、注文タイルは一度に全ての条件を達成する必要がある。
  • 全プレイヤーが規定のターン数の手番を行ったらラウンド終了。
    各自、完全に達成できなかった手持ちの契約タイル1枚ごとに1つのペナルティキューブを受け取る。
    その後、中央ボードの契約タイルと、タンク・機械を更新し、市場のオイルを補充したら、次のラウンドへ。
  • 3ラウンド終了時にゲーム終了。
  • 未達成の契約タイル分のペナルティキューブを受け取り、個人ボード上に残っているオイルキューブを全て換金。
    各自のパイプラインを全て稼働させて、原油から精製できるレベルに応じた金を獲得。
    その後、3枚の査定タイルについて条件を達成しているタイルの金を獲得。
    最後に、保有するペナルティキューブに応じた金を支払い、手元の金が最も多い人の勝ち。



感想

●妻
面白い!
思ったより手番数が少ないので、効率的なパイプラインを早めに作らないと全然得点伸びないね。

●ゆづ(9歳の娘)
楽しかった!
一つの色のパイプしか長くできなかったのが悔しい!
次はもっと上手くやれそう。

●ヨタくん(5歳の息子)
楽しいね!
3つの色のオイルを同時にパワーアップできるようにパイプを同じくらいに伸ばすとたくさん点が入るよ!

●自分
ボードの見た目の重さと準備の多さ、説明書の文章の多さにびびるとも、遊び始めると意外にシンプルな作り。

前半はパイプラインを適切に伸ばして、オイルを全種類買い、一手番で全色のオイルのレベルを上げて高く売る。
中盤ではアップグレードによってアクションを効率的にした上で、パイプラインを仕上げる。
後半はパイプラインを駆使して各種オイルを一気に完成させて、注文タイルを達成していく。
みたいに、大きな流れをつかめるようになると、楽しさが加速していきます。

3ラウンド制で、ラウンドが進むごとに手番が少なくなるため、前半で以下にインフラを整えるかが鍵。
ベストなプレイが難しいため、次はもっと上手くやりたい!
と思えるリプレイ性高めのゲームです。



総合評価

  • 総合評価:8
  • 独創性:9
  • わかりやすさ:7
  • システム洗練度:8
  • 間延び感の低さ(起伏):7
  • リプレイ性:8
  • コンポーネントの魅力:8
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):8
  • テーマ再現性:8
  • 戦術の幅:8
  • ドキドキわくわく感:7
  • 手番ごとの成長感:8
  • 攻撃性の低さ:9
  • 9歳児と本気で遊べる度:8
  • 5歳児楽しそう度:7

 

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント