キャメロットを覆う影(Shadows over Camelot)

・所要時間 :60分
・今回の人数:2人(俺、妻)

ルール概要

◆アーサー王と円卓の騎士になり、脅威を乗り越え、クエストを達成していく協力型ゲーム

  • クエストを達成すると白い剣、失敗すると黒い剣がボード上の円卓に置かれていく。
  • 剣が12本配置されると終了。白い剣の数が半分より多ければ勝ち、同数以下だと負け。
  • 剣の本数による負け以外にも、「キャメロット城の前に攻城兵器が12個置かれる」「プレーヤーコマ(騎士)が全滅」でも敗北する。
  • プレーヤー全員のコマ(騎士)を円卓に配置。
  • 白カードをシャッフルして、各プレーヤーに5枚ずつ配布。
  • 残りはボード上に山札として置く。
  • 黒カードをシャッフルして、ボード上に山札として置く。
  • 手番では、下記1→2 の流れでアクションを行う。終わったら次の人の手番。これを、ゲーム終了条件を満たすまで繰り返す。

1、下記のいずれか1アクションを行う。

  • 「黒カードを1枚引く」
  • 「キャメロット前に攻城兵器を1つ配置」
  • 「生命力を1つ失う」

 ◆黒カードには下記の種類がある。

  • 黒騎士カード:黒騎士クエストに配置
  • ランスロットカード:ランスロットクエストに配置
  • 絶望(黒い聖杯)カード:聖杯クエストに配置。聖杯クエスト終了後は、攻城兵器を1つ配置。
  • エクスカリバーカード:エクスカリバーミニチュアを、逆の岸に1つ移動。エクスカリバークエスト終了後、攻城兵器を1つ配置。
  • ピクト人のカード:ピクト人ミニチュアをクエストに配置。
  • サクソン人のカード:サクソン人ミニチュアをクエストに配置。
  • 傭兵カード:ピクト人クエストか、サクソン人クエストに、該当のミニチュアを1つ配置。
  • 黒のスペシャルカード:多種ある。いずれも上記の黒カードの効果を強烈にしたカード。

2、英雄アクション:以下のいずれかを実行。

  • 「クエスト・円卓の場所へ移動」
  • 「クエスト・円卓アクション」
  • 「スペシャル白カードをプレイ」
  • 「生命力を1つ回復」
    • スペシャル白カードは、プレイヤーを助ける強力なカード。多種あり、それぞれ異なる効果をもつ。

 ◆円卓・クエストアクションは下記の7つある。

  • 円卓アクション
    • 白カードを2枚引く
    • 攻城兵器を取り除く
  • 黒騎士アクション
    • 白カードを1枚表で設置。2ペアのみ出せる。
    • 白カード or 黒カードが指定数配置されたら勝負。白の合計が黒の合計より大きければ成功、以下なら失敗。
  • ランスロットアクション
    • 白カードを1枚、表にして設置。フルハウスのみ出せる。
    • 白カード or 黒カードが指定数配置されたら勝負。白の合計が黒の合計より大きければ成功、以下なら失敗。
    • 特殊効果をもつランスロットの鎧もGET!
  • ピクト人アクション
    • 白カードを1枚、表にして設置。1から始まるストレートのみ出せる。
    • 白カードを5枚出せたら勝ち。
    • ピクト人のミニチュアの4つ目が置かれたら負け。
  • サクソン人のクエスト
    • 白カードを1枚、表にして設置。1から始まるストレートのみ出せる。
    • 白カードを5枚出せたら勝ち。
    • サクソン人のミニチュアの4つ目が置かれたら負け。
  • エクスカリバーのクエスト
    • 白カードを1枚、何でもよいので裏向きで捨てると、エクスカリバーを1マス自分の岸の側へ移動。
    • エクスカリバーが、自分の岸に到達した時点で成功。
    • エクスカリバーが逆の岸に到達したら失敗。
    • 特殊効果をもつエクスカリバーをGET!
  • 聖杯のクエスト
    • 聖杯カード(白カードの1種)を1枚、表で配置。
    • 7つある配置場所を聖杯カードで埋めたら成功。
    • 7つある配置場所が黒カードで埋まったら失敗。
    • 特殊効果をもつ聖杯をGET! 

【補足】プレイヤーは、ゲーム開始前に、キャラクターを決める。キャラクターには下記の通り、固有の能力がある。

  • アーサー王:自分の手番に1回、他の騎士と白カードを1枚交換できる。
  • ガラハッド卿:自分の手番に、スペシャル白カードを追加で1枚プレイできる。
  • パーシヴァル卿:手番の開始時に、黒カードの山札の一番上のカードを覗き見れる。見た後、「黒カードを1枚引く」「攻城兵器を1つ配置」「生命力を1つ失う」を選択できる。
  • ケイ卿:戦闘決着時(白カードと黒カードの数字を合計して比べる時)、追加で白カードを1枚出せる。
  • ガウェイン卿:円卓でカードを引く場合、3枚引ける。
  • パラミデス卿:クエストで勝利した際、法相に加えてさらに生命力を1回復。
  • トリスタン:円卓から他のクエストに行く時、アクションを消費しない。
  • ベディヴィア卿:手札の白カードを1枚捨てて、山札から1枚引ける。

<好感度ポイント>

  • ぎりぎり勝てるか負けるかの素晴らしいゲームバランスの協力型ゲーム。
  • 基本的にカードを引いてプレイするだけなので、やることがシンプル!
  • クエストを達成した時の達成感がすごい!



感想

●妻
面白い!! パンデミックもそうだけど、この手の協力型ボードゲームって、すごい面白いね。

●自分
ゲームタイトルと、コンポーネント、テーマから、ものすごく重くて難しいゲームを想像したけど、実際は全然違う!!!

わかりやすい!! 楽しい!! 結構軽い!! 最高の協力型ゲームでした。

各クエストが「ポーカー的な役を揃える」か「引いたカードを置く」くらいなので、ゲームの説明も楽で、すぐにプレイできる。
パンデミックと比べると、難易度調整ができない点が劣るといえば劣るけど、プレイをしている時のわくわく感はこちらが上。

パンデミックは、随時増えていく病原体をつど食い止めていき、じりじりと治療薬作成(カード構築)をしていく苦しさが楽しいゲーム。
それに対して、キャメロットは、1つ1つのクエストを派手に成功させて報酬をもらい、得点を得ていく攻めが楽しいゲーム。

プレイ感は結構違うので、好みが分かれるところだけど、俺は断然こちらが好み。プレイ人数は3人くらいがちょうどいいくらいなのかな。

大人数でやる際は、「裏切り者」(正体を隠して仲間のふりをしているが、悪が勝ったら勝ちの人)を1人混ぜてプレイするのが良いです。ただ、協力ゲームにおいて1人裏切っているのが楽しいかどうかはやってみるまで疑問です。。。

このゲームは、みんなで「いえーい!達成したぜー!」とハイタッチをするのが醍醐味かと。
いずれにせよ、これまでやった数々の協力型ゲームの中でも、最強の超名作だと思います。

総合評価

  • 総合評価: 7
  • 独創性:8
  • わかりやすさ:6
  • システム洗練度:7
  • 間延び感の低さ(起伏):6
  • リプレイ性:7
  • コンポーネントの魅力:8
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):7
  • テーマ再現性:6
  • 戦術の幅:6
  • ドキドキわくわく感:9
  • 手番ごとの成長感:6
  • 攻撃性の低さ:9
  • 9歳児と本気で遊べる度:7
  • 5歳児も楽しそう度:5


~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント