シレット(Shiretto)

こんにちは! ヒロです!
いつもブログを読んでくださりありがとうございます。

今日ご紹介するゲームは、簡単ルールでドキドキわくわく盛り上がれる、手軽なパーティーゲームです。
箱が小箱なこともあり、バッグに忍ばせておくと便利です。
この手のシンプルでドキドキするパーティーゲームは活躍の機会が多いですよね。

シレット(Shiretto)

・所要時間:20分
・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要

  • 最初にカードを揃えた人が、誰にも気づかれないように“しれっと”アクションをして、最後まで気がつかない人が負けになるパーティーゲーム。
  • アクションカードをシャッフルして、1枚オープン。
    アクションカードには、4枚揃った時にやるべきアクションが書かれている。
    「カードを伏せる」や「シャクレる」「方目を瞑る」「カードを逆さ持つ」「みんなで考えたアクションにする」など。
  • 次に、お題カードをシャッフルして、1枚オープン。
    このラウンドは、そのお題に沿ったテーマで話をする。
  • 動物カードをシャッフルして全員に4枚ずつ配布したらゲームスタート。
  • 手番では、「 手札1枚を場札1枚と交換」「場札4枚を流して、山札から場札4枚を補充」のどちらかを実施。
  • 手番を繰り返して、手札の4枚のカードが同じ動物で揃ったら、次の自分の手番が来るまでの間の好きなタイミング、周りに気づかれないようにアクションをする。
  • 手札が揃ってないプレイヤーも、誰かがアクションしたことに気づいたら同じアクションを実施する。
  • 最後まで気づかずにアクションができなかったプレイヤーの負け。



感想

●妻
「ゾンビに噛まれて」にルールを足した感じのシステムだね!
「あごをしゃくらせる」とかのアクションは楽しくて良いね。
表向きの4枚を簡単に流せちゃうので、なかなか揃わな伊野がちょっと間延びしたかな。
なかなか揃わない中でいきなり揃うから盛り上がるとも言えるけど。

●ゆづ(10歳の娘)
楽しいね!
ヨタくんが全然アクションに気付かなくて、負けまくってたのが可愛かった。

●ヨタくん(6歳の息子)
ヨタくん、揃えようと頑張ってると他の人のアクションに気づかないんだよなぁ。
ちょっと苦手なゲーム。

●自分
カードが揃ったら特定のアクションをする、というのは本当に盛り上がるシステムですね。
このゲームは、硬めをつぶったり、カードを探しにもったり、シャクれたりするので、「え、いつの間にしゃくれてたの!?」のような非日常的な笑える状況が繰り広げられます。
アクション選択の幅を持たせたのはオリジナリティ溢れる秀逸な発想で、素晴らしいです。

キャラクターの種類が多すぎて、カードがなかなか揃わないのが気になる人は、「山札からカードを引いて手札の1枚を山札の一番下に入れても良い(山札との交換ルール)」「表の4枚は流せない」というルールにアレンジすると、早い段階で揃うようになり、山札リシャッフルの数が減るので良いかもです。
いずれにせよ、色んな場面で重宝する、ナイスゲームです。



総合評価

  • 総合評価:7
  • 独創性:7
  • わかりやすさ:9
  • システム洗練度:7
  • 間延び感の低さ(起伏):6
  • リプレイ性:8
  • コンポーネントの魅力:6
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):6
  • テーマ再現性:6
  • 戦術の幅:6
  • ドキドキわくわく感:9
  • 手番ごとの成長感:8
  • 攻撃性の低さ:7
  • 10歳児と本気で遊べる度:9
  • 6歳児も楽しそう度:7


~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント