ペッキング・オーダー (Pecking Order)

・所要時間:15分
・今回の人数:2人(俺、妻)

ゲーム内容

2人専用ゲーム!
バトルラインロストシティ、花見小路などをシンプルにしたカードゲーム。

created by Rinker
Winning Moves
¥12,943 (2022/12/08 06:31:42時点 Amazon調べ-詳細)
  • 数字1から12までの鳥カードと、相打ち狙いのジャッカルカードの計13枚のセットを、それぞれのプレイヤーが初期山札として持つ。
  • 手番では、山札から1枚を引き、ボード上の11箇所(得点1~10。8のみ2箇所ある)に設置する。
  • 既に相手が置いてある数字の場所に後から置く場合は、相手の手札を見て、自分の出したカードの数字が同じ以上なら相手を取り除き、相手より小さい数字だったら自分のを取り除く。
    いずれにせよ、自分の数字は相手に見せなくてOK。
  • これを繰り返し、13枚すべてを使い切ったら終了。
    ボードに残っている自分のカードのボード箇所の点数を合計し、多いほうが勝ち。

<好感度ポイント>

  • 非常にシンプルなゲーム。
    短い説明でゲームを始められる。
  • 毎回山札から引くため、固定の戦術ができず、毎回1手1手最善手を探すスタイルで進む。
    相手の心理を読み、手札の残数をカウントし、と、勝つために考えることは多く、奥行きの深さを感じる。
    やる度に展開が変わるゲーム。
  • 気軽に何度もやれるゲーム。
    そして、何度もやりたくなる魅力がある。



感想

2019年当時
●妻
普通に楽しかった。
すごくシンプルだけど、このくらいだと何回もできていいね。

●自分
私と妻は、ボードゲームをやり始めた当初、バトルラインにとてもはまった経緯がある。
二人用で、戦術性が高く、シンプルなシステムのゲームが好きだ。

ロストシティ花見小路ももちろん好きだし、フリーゼのファミリアや、カーラの時の潮流、果てはゴキブリデュエルなども時々やりたくなる。

その中で、ペッキングオーダーは、最もシンプルで鋭いゲームといって良いと思う。
これ以上シンプルにするとゲームとして成り立たない極限までそぎ落としてる感じ。
それでいて、カードやボードに、考える幅を持たせる工夫がなされている。

個人的に、この手のシンプルで鋭いゲームは、ボードゲーム慣れしていない友人にも出しやすく、好感度が高い。

シンプルゆえに、評価がつけずらく、現時点では6点だが、今後等もリプライすることになれば、評価を上げていきたい。



総合評価

  • 総合評価:6
  • 独創性:6
  • わかりやすさ:8
  • システム洗練度:8
  • 間延び感の低さ(起伏):6
  • リプレイ性:6
  • コンポーネントの魅力:6
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):6
  • テーマ再現性:5
  • 戦術の幅:5
  • ドキドキわくわく感:6
  • 手番ごとの成長感:5
  • 攻撃性の低さ:6

created by Rinker
Winning Moves
¥12,943 (2022/12/08 06:31:42時点 Amazon調べ-詳細)

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

ペッキングオーダー

コメント