宝石の煌き (Splendor)

・所要時間:45分
・今回の人数: 5人(俺、妻、ゆづ、ちーちゃん、あっくん)

ゲーム概要

超名作のセットコレクションゲーム!

タイルやカードを駆使して、得点の大きな宝石カードを集めよう。

created by Rinker
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
¥7,200 (2024/05/25 01:33:08時点 Amazon調べ-詳細)
  • 手番では、宝石タイルを3つもらうか、保有する宝石タイルを支払って、中央に並ぶ宝石カードから1枚を購入する。
  • 宝石カードは、書かれた種類の宝石タイル1つ分として扱える。(永続的に)
  • 宝石カードには、点数が書かれているものもあり、それはそのまま得点になる。
  • 特定の枚数の宝石カードを集め、中央に並ぶ貴族カードの条件を満たすと、その貴族カードをもらえる。
    貴族カードにも点数が書かれている。
  • 誰か1人が先に規定の点数に到達したら、最終ラウンド。
    得点の大きい人が勝ち。



感想

2019年当時
●妻
超面白い。どんどん宝石カードが増えて、買える宝石カードが増えていく感じがたまらないね。
何度やっても楽しいゲーム!

●ゆづ(7歳の娘)
宝石の煌き、大好き!
強い宝石カードをもらえると嬉しいね!

●自分
ボードゲームにハマって相当初期に購入したゲーム。
このゲームとバトルラインの2つのゲームを知って、ボードゲームの面白さに目覚めたと言っても過言ではないです。

宝石カードが次々に増え、より高額な宝石カードも買えるようになっていく拡大再生産性が本当に楽しい。
宝石チップに重量感があり、何か良い物をもらってる気がして心地よい。

ちょうどゲームが加速して最高潮になったくらいで終了条件を満たすので、間延び感がなく鋭く終わる。

ルールがシンプルで鋭く、拡大再生産でわくわくする、総合力がとにかく高いゲーム。
初心者キラーと言われるのもうなずけるし、中級者以上もいつやっても楽しいと思わせてくれる名作です。



総合評価

  • 総合評価:8
  • 独創性:8
  • わかりやすさ:8
  • システム洗練度:8
  • 間延び感の低さ(起伏):8
  • リプレイ性:8
  • コンポーネントの魅力:9
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):8
  • テーマ再現性:8
  • 戦術の幅:7
  • ドキドキわくわく感:8
  • 手番ごとの成長感:9
  • 攻撃性の低さ:8
  • 7歳児と本気で遊べる度:9
  • 3歳児も楽しそう度:2
  • 初心者キラー代表作:10
  • 箱のおじさんのシュール感:10
created by Rinker
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
¥7,200 (2024/05/25 01:33:08時点 Amazon調べ-詳細)

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント